So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

ぶらり江の島(江島神社)中津宮 [好きな街(鎌倉/藤沢)]

Timgp004_サイズ変更.jpg

 中津宮(なかつみや)は、市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)をお祀りしています。
中津宮は、もとの上之宮で、853年に慈覚大師じかくだいしが創建、1689年に五代将軍・徳川綱吉により、本殿・幣殿・拝殿からなる権現造りの社殿が再建されました。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・


 現在の社殿は、1996年の全面的な改修によるもので、元禄二年当時の朱色が鮮明な社殿を再現しています。
2011年には幣殿、拝殿の床板を張り替え、御札授与所も再建され、社殿脇には水琴窟を構えた庭園が開園しました。また、境内に奉納された石燈籠からは、江戸時代における商人・芸人・庶民の信仰の深さをうかがい知ることができます。

神奈川県藤沢市
江ノ電、江の島駅
小田急、片瀬江の島駅

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています。

nice!(201)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

ぶらり江の島(江島神社)辺津宮 [好きな街(鎌倉/藤沢)]

辺津宮 (へつみや) 「奉安殿」

TIMGP0235_サイズ変更.JPG

 辺津宮(へつみや)は、田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)をお祀りしています。
1206年、時の将軍・源實朝(みなもとのさねとも)が創建、1675年に再建された後、1976年の大改修により、権現造りの現在の社殿が新築され、屋根には江島神社の社紋「向かい波三つ鱗」が見られます。高低差のある江の島(神域内)では、一番下に位置していることから『下之宮』とも呼ばれ、 島の玄関口にもあたり、神社でのご祈祷は、こちらで主にご奉仕されます。拝殿前の巾着の形をした珍しい賽銭箱は、相模彫りと言われる独特の彫り物で、1959年地元の商店によって奉納されました。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・


 奉安殿は辺津宮にある八角の堂、「八臂弁財天」と、「裸弁財天」として知られる「妙音弁財天」を祀るために1970年に建てられた。

神奈川県藤沢市
江ノ電、江の島駅
小田急、片瀬江の島駅

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています。

nice!(250)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行
前の2件 | -
メッセージを送る