So-net無料ブログ作成
検索選択

千鳥ヶ淵(ボートで桜見物) [旅(桜を探して)]

imgp093_サイズ変更.jpg
 千鳥ヶ淵のボートは、ファミリーでも恋人同士でも、それ未満でも楽しめますよ!HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 千鳥ヶ淵付近は桜の名所として有名であり、桜の季節になると多くの人で賑わい、千鳥ヶ淵緑道内にはボート場が設けられていて、お堀でボートを楽しむことができます。

東京都千代田区千鳥ヶ淵ボート場
東京メトロ東西線「九段下」駅

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


nice!(207)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

千鳥ヶ淵公園(ちどりがふちこうえん) [旅(桜を探して)]

IMGP9323_サイズ変更.JPG

 千鳥ヶ淵一帯は桜の名所として有名で、桜の季節になると千鳥ヶ淵公園にも大勢の花見客が訪れる。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 千鳥ヶ淵は江戸開府後の江戸城拡張の際、局沢川と呼ばれていた川を半蔵門と田安門の土橋で塞き止めて造られたお堀である。代官町通りを境に接する半蔵濠とはかつて繋がっていたが、1900年に道路建設のため埋め立てられ別々のお堀となった。半蔵濠には千鳥ヶ淵公園が隣接している。

東京都千代田区麹町
東京メトロ半蔵門線半蔵門駅

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


nice!(208)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

湯ヶ野温泉(ゆがのおんせん) [旅(桜を探して)]

IMGP7400_サイズ変更.JPG

 河津川沿いに温泉街が広がり、6軒の旅館が存在する。福田家は創業が1879年、130年を越える歴史を持つ老舗の宿で、木造2階建ての本館はこの年の建築。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 川端康成の小説『伊豆の踊子』の舞台の一つでもあり、川端康成ゆかりの宿である「福田家旅館」も現存し、旅館の隣には文学碑も建てられている。

静岡県賀茂郡河津町
伊豆急行線河津駅よりバス

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


nice!(171)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

河津七滝ループ橋(かわづななだるループきょう) [旅(桜を探して)]

IMGP7679_サイズ変更.JPG

 初景滝(しょけいだる)河津七滝上流にある二階滝は高さ20mの名瀑、旧天城トンネルからも近い。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 七滝高架橋(ななだるこうかきょう)は、全長1064m高さ45m直径80mの二重ループ橋で、橋梁の設計は日本構造橋梁研究所によるもので、6基の橋脚によりループ橋(上部工)を支えている。
下田市側からは反時計回りの上り坂、伊豆市側からは時計回りの下り坂になっている。なお、ループ中央部のスペースは町営駐車場として利用され、周りには河津桜が植えられている。

静岡県賀茂郡河津町七滝温泉
JR河津駅よりバス

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


nice!(175)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

伊豆・河津桜(後編) [旅(桜を探して)]

imgp087_サイズ変更.jpg

 1955年に飯田勝美が静岡県賀茂郡河津町田中で原木を偶然発見したことが由来である。当初、発見者の飯田氏の屋号から「小峰桜」と地元で言われてきたが、その後の学術調査で今までに無かった雑種起源の園芸品種であると判明し、1974年に「カワヅザクラ(河津桜)」と命名され、1975年に河津町の木に指定され、現在も原木はこの地に存在し、2007年現在で樹齢50~60年である。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 河津桜(カワヅザクラ)は、日本にあるサクラの一種で、オオシマザクラとカンヒザクラの自然交雑種であると推定されている。1月下旬から2月にかけて開花する早咲き桜である。花は桃色ないし淡紅色で、ソメイヨシノよりも桃色が濃く、花期が1ヶ月と長く楽しめる。

静岡県賀茂郡河津町
伊豆急行、河津駅

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


nice!(180)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

伊豆・河津桜(前編) [旅(桜を探して)]

「桜を追いかけて(2016編集)」は、2013年に「伊豆・東京・神奈川・福島」の桜を追いかけて写した写真です。
imgp014_サイズ変更.jpg

 河津桜は静岡県賀茂郡河津町で毎年3月上旬に満開になるピンク色の桜で、 パーっと咲いてパーっと散るって感じの桜ではありません。

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 伊豆の温暖な気候と早咲きの特色を生かし毎年2月上旬から開花しはじめ約1ヶ月を経て満開になり、長く維持できる特徴があります、数年前までは無名の河津桜もここ数年で全国に浸透し現在150~200万人規模のイベントになりました。HPより

静岡県賀茂郡河津町
伊豆急行線、河津駅

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています

旅行中のため、コメントは閉じています・・・・


nice!(198)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

霞城公園(旧済生館本館) [冬の山形・福島]

霞城公園(かじょうこうえん)「旧済生館本館」

imgp024_サイズ変更.jpg

 済生館は、1878年に山形県立病院として建設されたもので、当時の山形県令三島通庸の「山形の近代化を図る」という構想のもとに竣工した。東北地方で最も早く西洋医学を取り入れ、診療の他に医学校が併設され、オーストリア人医師ローレツを金沢医学校から招聘した。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 建物は、当時横浜にあったイギリス海軍病院を参考にしたと言われ、中庭を囲んで病室を円形に配置し、正面の塔屋は三層構造の独特の形態になっている。 当時の人々は、この建物を親しみをこめて「三層楼」と名づけ、1階の正面玄関は八角形のポーチ、2階は正十六角形の大広間、さらに螺旋階段で3階の八角形の小部屋に通じ、それぞれの階にベランダを配した構造になっている。

山形市霞城町
JR山形駅

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


nice!(181)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

霞城公園(かじょうこうえん)騎馬像 [冬の山形・福島]

最上義光(もがみ よしあき)

imgp006_サイズ変更.jpg

 山形城跡を整備し約35万平方mの園内には、日本古来の伝統的建築様式で、二ノ丸東大手門と本丸一文字門高麗門が復原されている。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 園内には、山形市郷土館や山形県立博物館、広場には戦国時代から江戸時代前期にかけての出羽国の大名11代藩主・最上義光(もがみ よしあき)の騎馬像が立つ。関ヶ原の戦いにおいて東軍につき、最上家を57万石の大大名に成長させて全盛期を築き上げた。

山形市霞城町
JR山形駅

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


nice!(188)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

雪の山寺(後編)奥の院 [冬の山形・福島]

立石寺(りっしゃくじ)

Timgp069_サイズ変更.jpg

 五大堂は五大明王を安置するお堂で、立石寺においては境内東側に突き出た百丈岩と呼ばれる岩山の上に建てられ、眺望はまさにビュースポットとして人気があります。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 立石寺の奥の院と大仏殿は山寺の一番奥に位置し、正面右側が奥の院と呼ばれ、左側が大仏殿と呼ばれている。
奥の院には慈覚大師が中国で修行中に持ち歩いた釈迦如来と多宝如が本尊となっている。

山形県山形市大字山寺
JR仙山線・山寺駅より

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


nice!(171)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

雪の山寺(前編)せみ塚 [冬の山形・福島]

立石寺(りっしゃくじ)

imgp003_サイズ変更.jpg

 1100余年前、円仁さんこと慈覚大師によって創建された名刹「立石寺」は、別名「山寺」の名で親しまれている。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 松尾芭蕉が、当初予定に無かったこの地を訪れたのは1689年のこと、「閑さや岩にしみ入る蝉の声」と詠んだ芭蕉の句が有名。

山形県山形市大字山寺
JR仙山線・山寺駅より

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


nice!(176)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る