So-net無料ブログ作成
検索選択
ぶらり九州(福岡・佐賀) ブログトップ
前の10件 | -

戒壇院(かいだんいん) [ぶらり九州(福岡・佐賀)]

唐の名僧鑑真和上を招いて創建した「三大戒壇」の一つ。
IMGP8349_サイズ変更.JPG

 戒壇院は観世音寺が完成してから15年後761年、日本三戒壇のひとつとして観世音寺の区域内に建立された。三戒壇とは奈良東大寺、下野薬師寺、それに観世音寺の戒壇院をいう。戒壇とは中央部に石で築いてある壇のことで、出家する者に対して、僧侶として守るべき戒律を授けるための儀式が行われる場所である。

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 我が国の戒律は聖武天皇の招請によって唐から来た鑑真和上によって伝えられたが、鑑真和上が奈良に到着した754年、東大寺に戒壇が設けられ、天皇はじめ多くの人に授戒したという。江戸時代に観世音寺から独立して現在では博多聖福寺の末寺となっている。

太宰府市観世音寺
(西鉄)太宰府線 西鉄五条駅

◆今週は、夏休みのためコメントは、お休みさせていただきます。
次回の記事は、2010年に撮影した「北陸から山陰ぶらり旅」をお送りします。

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


nice!(290)  トラックバック(0) 

観世音寺(かんぜおんじ) [ぶらり九州(福岡・佐賀)]

IMGP8443_サイズ変更.JPG
日本最古の梵鐘がある「西日本随一の寺院」

 『源氏物語』にも登場する観世音寺は、天智天皇が、母君斉明天皇の冥福を祈るために発願されたもので、80年後の聖武天皇の746年に完成した。古くは九州の寺院の中心的存在で、たくさんのお堂が立ちならんでいたが、現在は江戸時代初めに再建された講堂と金堂の二堂があるのみである。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 この梵鐘は京都妙心寺の梵鐘と兄弟鐘といわれ、その古さに於いても優秀さに於いても正に日本一と称され、糟屋郡多々良で鋳造されたと伝えられている。榎社にいた菅原道真公の詩に「都府楼は纔(わず)かに瓦色を看る 観音寺は唯(ただ)鐘声を聴く」とあるのはこの鐘である。

太宰府市観世音寺
(西鉄)太宰府線 西鉄五条駅

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


大宰府天満宮 [ぶらり九州(福岡・佐賀)]

 壱岐島から福岡に戻りました。
imgp003_サイズ変更.jpg

 太宰府天満宮は、菅原道真(すがわらのみちざね)公の御墓所(ごぼしょ)の上にご社殿を造営し、その御神霊おみたまを永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠(しせい)・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約700万人の参拝者が訪れています。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 道真公は、845年に京都でお生まれになりました。幼少期より学問の才能を発揮され、努力を重ねられることで、一流の学者・政治家・文人としてご活躍なさいました。 しかし、無実ながら政略により京都から大宰府に流され、903年、道真公はお住まいであった大宰府政庁の南館(現在の榎社)において、ご生涯を終えられました。門弟であった味酒安行うまさけ やすゆきが御亡骸を牛車に乗せて進んだところ、牛が伏して動かなくなり、これは道真公の御心によるものであろうと、その地に埋葬されることとなりました。905年、御墓所の上に祀廟しびょうが創建され、919年には勅命により立派なご社殿が建立されました。 その後、道真公の無実が証明され、「天満大自在天神(てんまだいじざいてんじん)」という神様の御位を贈られ、「天神さま」と崇められるようになりました。

太宰府市宰府
西鉄、太宰府駅

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


鬼の足跡 [ぶらり九州(福岡・佐賀)]

imgp016.jpg
 東シナ海に面して突き出した半島の先端である牧崎園地の中にポッカリ開いた大穴があり「鬼の足跡」と呼んでいます。この大穴は直径110mもあり洞窟で海と結ばれています。
この大穴は大鬼のデイが鯨をすくい捕るために踏ん張ってできた足跡。

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

この牧崎一帯は平均30mの断崖になっており荒々しい海岸線の景観はダイナミックです。
まわりは天然の芝生におおわれており、とてもすがすがしいところです。

壱岐市郷ノ浦町

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


猿岩 [ぶらり九州(福岡・佐賀)]

IMGP8043.JPG

 黒崎半島のさらに先端にある高さ45mの海蝕崖の玄武岩。そっぽを向いた猿にそっくりで、気まぐれな自然の造形に驚かされる。
壱岐島誕生の神話の中でこの島をおうみになったとき、流されてしまわれないように八本の柱を立てて繋いだ。その柱は折柱と呼ばれている。その八本の柱の一つが猿岩である。

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 猿岩展望所の売店裏の山道を少し登ると、砲台の巨大な穴を地上からも見ることができる。

壱岐市郷ノ浦町新田触

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


左京鼻(さきょうばな) [ぶらり九州(福岡・佐賀)]

imgp006_サイズ変更.jpg
 八幡半島のなだらかなスロープ状の草原を進むと、玄海灘に面して切り立った総延長約1kmにも及ぶダイナミックな海食崖に行き着く。ここの海食崖は玄武岩特有の柱状節理で、左京鼻の海中からは細い柱を束ねたような奇岩が突き出ている。壱岐島誕生神話の八本の柱の一つ「折柱」である。海鵜のおびただしいフンに覆われているが、遠目には無骨な玄武岩が化粧を施したように美しい。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 壱岐島誕生の神話によると、「壱岐の国は、生き島で、神様が海の中で、この島をお産みになったとき、流されてしまわないようにと、 八本の柱を立てて繋ぎました。その柱が、折れ残り、今も岩となって折柱(おればしら)として残っているのです。」と云われているそうだ。 その柱の一つがこの海の中から突き出た柱状節理の岩礁と云う事・・・・

壱岐市芦辺町

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


はらほげ地蔵 [ぶらり九州(福岡・佐賀)]

imgp003_サイズ変更.jpg

  海女で有名な八幡の海中に祀られている、お地蔵さんで腹が丸くえぐられているので、はらほげ地蔵と呼ばれている。何時、誰が、何のために祀ったかははっきりとしたことは分からないが、遭難した海女の冥福のため、鯨の供養慰霊のためなどと伝えられている。

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

  胸の穴は、満潮になって地蔵が水没して供え物が流れないように、船から供え物ができるように、あるいは流行の疫痢退散祈願のためなどと言われている。

壱岐市芦辺町八幡浦

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


一支国(いきこく)博物館 [ぶらり九州(福岡・佐賀)]

IMGP7791.JPG
 2010年に開館した壱岐市立一支国博物館と長崎県埋蔵文化財センターの建物は故 黒川紀章氏の生前国内最後の設計作品で、田園風景にとけ込んだそのダイナミックな建物、展示も田舎の博物館とは思えない・・・


画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 博物館は原の辻遺跡と壱岐の海を一望する高台にあり、見渡すかぎりに、弥生時代の原風景を奇跡的に今に伝える照葉樹林と大海原がひろがります。

壱岐市芦辺町

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


筒城浜(つつきはま) [ぶらり九州(福岡・佐賀)]

imgp019_サイズ変更.jpg
壱岐随一のビーチで、白くてきめの細かい砂浜は約600m続く・・・・

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

壱岐市石田町

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


壱岐焼酎(蔵見学) [ぶらり九州(福岡・佐賀)]

imgp001_サイズ変更.jpg
  壱岐焼酎がいつからどのようにして造られ始めたのかをはっきりと記す文献は無いのですが、言い伝えによると、戦国末期頃には焼酎が造られていたようです。 この頃壱岐では米が豊富だったため清酒作りが盛んでしたが、江戸時代になり幕府の参勤交代が敷かれると、藩の財政が切迫し米が不足したため、麦での焼酎作りが盛んになったそうです。
当時の焼酎作りは個人で作る、いわゆる【どぶろく】でしたが、明治32年に酒税法が施行され密造酒が禁止されたため、酒類製造免許を取得した現在でいう蔵元が生まれるに至りました。 記録によると、当時55件の蔵元あったそうです。
その後、統廃合を経て現在では七つの蔵元が焼酎造りに切磋琢磨しており、それぞれが伝統の製法を守り続けながら、新たな焼酎づくりに挑戦し、世界中で高く評価されています。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

壱岐の蔵酒造株式会社では、壱岐焼酎の製造工程を楽しみながら、蔵内を見学できます。工場隣接の資料館では、昔の酒作り道具等の展示や、 商品の試飲が楽しめました。

壱岐市芦辺町

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています


前の10件 | - ぶらり九州(福岡・佐賀) ブログトップ
メッセージを送る