So-net無料ブログ作成

大塚国際美術館 (徳島県) [日本海から瀬戸内海へ]

IMGP6240_サイズ変更.JPG

 徳島県鳴門市の鳴門公園内にある、陶板複製画を中心とした博物館、日本最大の美術館(延床面積29,412m2)として1998年)に開館した。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 展示されている作品は、大塚グループの大塚オーミ陶業株式会社が開発した特殊技術によって、世界中の名画を陶器の板に原寸で焼き付けたものである
陶板複製画は原画と違い、風水害や火災などの災害や光による色彩の退行に非常に強く、約2,000年以上にわたってそのままの色と形で残るので、これからの文化財の記録保存のあり方に大いに貢献すると期待されている。

徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦
 徳島バス、鳴門線「大塚国際美術館前」

◆館内の陶板画の写真撮影は、“人物を入れた構図” ”フラッシュ及び三脚使用禁止”という条件で許可される。

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています。


nice!(294)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 294

コメント 21

コメントの受付は締め切りました
tsaii3040

陶板複製画、初めて知りました。色々な技術があるんですね。皆さんのブログを見ていると、色々新しい事を知ることが出来て楽しいです。
by tsaii3040 (2016-09-19 05:34) 

toshi

この美術館、豪華に見えますね。
by toshi (2016-09-19 07:19) 

SORI

tarouさん おはようございます。
陶板画はテレビ出見たことがあります。その時は美術館の名前を覚えていなかったのですが、きっとこちらの美術館だったのでしょうね。
by SORI (2016-09-19 08:18) 

馬爺

おはようございます。
四国にも素晴らしい美術館が有るんですね、陶板に絵画を焼き付けるなんてそれには技術があってこその作品ですね。
by 馬爺 (2016-09-19 08:53) 

hatumi30331

大きな美術館なんですね。
行って見たいです!
まに佐川美術館行ったんですが・・綺麗でした〜♪^^

この前は大阪私立美術館に〜
デトロイト美術館展見て来たけど・・・
たまに芸術・・・・感じるのは良いね。^^
by hatumi30331 (2016-09-19 09:34) 

侘び助

此処は四国遍路旅時・何度も通りましたが・・・素通りでした。
そして先達さんの地元の人とドイツ?の捕虜の交流話に涙して
通った事も思い出の一つです(もう5年位経ってしまいました)
by 侘び助 (2016-09-19 09:59) 

旅爺さん

徳島県の鳴門市には行って渦潮や展示館には行きましたが
美術館は知りませんでした。
by 旅爺さん (2016-09-19 10:19) 

makkun

今は亡き妻の父親は新潟で絵描きをしながら
教壇に立っていました・・・
妻も油絵を描いていたので
良く都内の美術館巡りをしていましたが
陶板複製画を中心とした博物館は
珍しいのでしょうね~

by makkun (2016-09-19 11:05) 

tomi_tomi

こんにちは。大塚美術館は大晦日によくいきます。天地創造は複製とはいえ圧倒されます。また最後の審判の修復前後をみれるのもこの美術館だけですね。入館料は日本一高いですがまた年末に行きたいです。
by tomi_tomi (2016-09-19 14:08) 

ゆきち

大塚国際美術館、一度だけ訪問しました^^
システィーナ礼拝堂の再現は圧巻、その規模と美しさには驚かされました。

by ゆきち (2016-09-19 15:41) 

Hide

徳島県に日本最大の美術館が有るとは驚きです!また2千年以上、そのままの状態で絵画等を残せるとは本当に驚き!
2千年後に確認したいと思います・・・
by Hide (2016-09-19 15:58) 

いろは

こんにちは^^
名画を陶器の板に原寸で焼き付けたものとは驚きです。
システィーナ礼拝堂の「最後の審判」は観て来ましたが
あの絵画が...と思うと是非みてみたいですね。
大塚国際美術館の存在すら知りませんでした(-_-;)
by いろは (2016-09-19 17:12) 

夏炉冬扇

陶板複製画なーるほど、でした。
台風それますように。
by 夏炉冬扇 (2016-09-19 18:29) 

ヨッシーパパ

中に入られたんですね。
私は、あまりにも入館料が高いので、目の前まで行ったのに入らずに渦潮船に乗りに行きました。(^_^)
by ヨッシーパパ (2016-09-19 19:17) 

tai-yama

なんでも鑑定団に出てくる青磁や景徳鎮も(本物なら)紋様があざやかですね。保管する場合は重さの問題がありそう・・・。
by tai-yama (2016-09-19 23:02) 

pandan

ここは行ったことがあります、
もう一度行ってみたいです。
by pandan (2016-09-20 05:51) 

つむじかぜ

拝読させて戴きました。
退職後、60歳代に暫くアルバイトをしていた所に名画の大きな陶板が3点飾ってありまして、ほぼ永久に退色しない陶板に名画を焼き付ける技術の素晴らしさに感じ入っておりました。後に、友人から大塚国際美術館の素晴らしいさを聞き、行ってみたいと思っていた場所です。
然し、80歳代の今では其の機会も少なく、残念に思っていた処です。
by つむじかぜ (2016-09-20 09:36) 

追いかけっ子

陶器ですか!凄いですね~ただただ関心です。
雰囲気的にフランスのような感じがしますね(^.^)
是非に訪れてみたいものです♪
by 追いかけっ子 (2016-09-20 12:50) 

MINERVA

陶器に焼付けするとは、なかなか凄いアイデアだと思いました。
本物の保存は当然ですが、この様な形で色々な作品を残されるのは是非とも進めてもらいたいですね。
by MINERVA (2016-09-20 16:56) 

Kiki

入館料も高いですが
この美術館は満足度評価がいつも高いですね。
世界の名画が近距離で見られる迫力には
圧倒されます(^^)
by Kiki (2016-09-20 18:37) 

ラン

ちょうど今日徳島県にいました。そのような立派な美術館があるのですね~!
by ラン (2016-09-21 00:04) 

トラックバック 0