So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

山下公園(赤い靴はいてた女の子像) [好きな街(横浜)]

IMGP0767_サイズ変更.JPG

 横浜港が舞台となった野口雨情作詞の有名な童謡「赤い靴」歌に登場する少女が、膝をかかえて海を見つめながら物憂げな表情を浮かべて、ちょこんと座る姿が愛らしい。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・


 野口雨情が、1907年札幌市の新聞社に勤めていたときに、同僚の鈴木志郎やその妻のかよと親交を深め、「かよの娘のきみが宣教師に連れられて渡米した」という話をかよから聞かされた。1921年に、この話を題材にして『赤い靴』が野口雨情によって作詞され、1922年に本居長世作曲で童謡になった。

神奈川県横浜市中区山下町
JR関内駅南口

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています。

nice!(192)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行