So-net無料ブログ作成
春の伊豆半島 ブログトップ
- | 次の10件

修禅寺(しゅぜんじ) [春の伊豆半島]

imgp002_サイズ変更.jpg

 807年に空海が創建したと伝えられ、その後の約470年間は真言宗に属していた。当時は周辺の地名が桂谷であったことから、桂谷山寺と言われ、『延喜式』には「伊豆国禅院一千束」と書かれる程の寺院であった。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 鎌倉時代初期に修禅寺の名称が定着し、寺領も修禅寺と呼ばれるようになった。また、源頼朝の弟の源範頼と、頼朝の息子で鎌倉幕府2代将軍の源頼家が当寺に幽閉され、その後この地で殺害されたとしても知られている。

静岡県伊豆市修善寺
伊豆箱根鉄道、修善寺駅からバス

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています。


nice!(230)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

修善寺梅林(後編)梅林 [春の伊豆半島]

IMGP4448_サイズ変更.JPG

 梅林は広大な修善寺自然公園の中にあり、樹齢100年以上から若木まで、白加賀や青軸など約20種類、1000本の紅白の梅が植えられている。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 園内には岡本綺堂の『修禅寺物語』の記念碑を始め、6本の文学碑があり、高台からは富士山も眺められ、観梅しながら文学碑が楽しめます。

静岡県伊豆市修善寺
伊豆箱根鉄道、修善寺駅からバス

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています。


nice!(213)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

修善寺梅林(前編)山道 [春の伊豆半島]

桂谷八十八ケ所

 imgp007_サイズ変更.jpg

  温泉街から修善寺梅林へ登る山道の途中には、桂谷八十八ケ所の一部や高浜 虚子(たかはま きょし)の石碑が有ります。

 画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・

 
 桂谷八十八ケ所とは・・・。
 四国八十八ケ所霊場の土を修善寺の桂谷(けいこく)に移し、桂谷八十八ケ所として弘法大師の像と札所本尊の梵字、 名号を刻んだ石碑を建立し、八十八ケ所を巡れば、巡礼者の人々の信仰修行の妨げを除き、苦しみを離れ楽しい人生に至らせるとし、四国霊場巡拝にひとしい功徳が得られる。HPより

 高浜 虚子(たかはま きょし)1874年~ 1959年は明治・昭和期の俳人・小説家。 ホトトギスの理念となる「客観写生」「花鳥諷詠」を提唱したことでも知られる。
 
静岡県伊豆市修善寺
伊豆箱根鉄道、修善寺駅からバス
 
 ◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています。

nice!(242)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
- | 次の10件 春の伊豆半島 ブログトップ