So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

東京ジャーミイ(後編) [東京]

imgp023_サイズ変更.jpg

 トルコ共和国在東京大使館に所属する、オスマン・トルコ様式のモスク(回教寺院)で、1938年に建立の初代モスクが老朽化によって取り壊された後、日本とトルコの共同作業によって建て直されました。HPより

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・


 「アラベスク(arabesque)は、モスクの壁面装飾に通常見られるイスラム美術の一様式で、幾何学的文様を反復して作られている。幾何学的文様の選択と整形・配列の方法は、人物を描くことを禁じるスンニ派のイスラム的世界観に基づいている(シーア派ではムハンマドを除いて描くことは認められている)。ムスリムにとってこれらの文様は、可視的物質世界を超えて広がる無限のパターンを構成しています。

東京都渋谷区大山町
小田急小田原線、代々木上原駅

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています。

nice!(208)  コメント(18) 

東京ジャーミイ(前編) [東京]

imgp006_サイズ変更.jpg

 東京・渋谷区の代々木上原駅にほど近い閑静な住宅街のど真ん中に、異彩を放つ建築がある。堂々とそびえ立つ一本の塔と、日本では珍しいドーム型の建物。イスラム教の信仰を持たないひとも、見学は可能です。HPより

 画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・


 日本最大規模を誇る東京ジャーミイのデザインは、トルコ・イスタンブールにある「スルタン・アフメト・ジャーミイ)」に似ている。水、コンクリート、鉄筋以外の建築資材や調度品はすべてトルコから運んできたもので、約100人ものトルコからの職人が1年にわたって2階の礼拝堂や1階文化センターの内装を手がけ、その見事な装飾はアートとしても鑑賞できる。

東京都渋谷区大山町
小田急小田原線代々木上原駅

◆動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています。

nice!(206)  コメント(18)